山のぶどう 福岡県うきは市の葡萄農家 > ブログ > 枝を棚に結ぶだけ

枝を棚に結ぶだけ


本日から露地巨峰の誘引に入ります。
誘引とは枝を棚に結ぶだけ。ただそれだけですが、この誘引も大切な仕事です。

葡萄はどうしても先に伸びようとするので、先端方向に誘引すると勢いがよくなります。
逆に主幹の方向へ誘引すると落ち着きます。
この特性を活かしてその木や主枝に合った誘引をするのが大切です。

樹勢が強いと木が元気で立派な実がなると思われがちですが、強すぎると花が咲くだけで実にならず
流れてしまいます。
逆に弱すぎると花が咲いて実になっても、小さくて完熟する前に枯れてしまいます。

葡萄は強くもなく弱くもない中等が理想ですが、なかなか理想通りにはいきません。
それを剪定や誘引でカバーします。
弱いところはやや先端方向へ、強いところは主幹へ戻して理想の強さへ近ずけます。

この作業が終わると一旦落ち着くので、終わるまでは頭をフル回転させて頑張ります。

2015/03/09 更新