山のぶどう 福岡県うきは市の葡萄農家 > ブログ > 野生動物

野生動物


こんばんは、山のぶどうの原昌敏です。

本日は業者さんに畑まできてもらいました。

山のぶどうでは、葡萄の雨よけを目的とした「トンネル」という施設と露地で栽培をしています。

その「トンネル」のビニールを取り換えるために、ビニールの長さを測ってもらいました。

測定結果は75mありました。

それが14棟あります。一般的には全て一気に張り替えるのですが

今年から年に数棟づつ張り替えて、4~5年かけて全て張り替えようと思います。

一気に張り替えない理由は2つあります。

1、高額な資材代が一気にかかってしまう。

2、山のぶどうの人員は身内だけなので明らかに人手がたりない。の2つです。

本当はもう1つあるのですが、それはおいおい発表したいと思います。

畑仕事も終わり帰宅途中に耕作放棄地がふっと視界に入ってきます。

毎回通るたびに、もったいないなぁと思ってしまいます。

工作放棄地

ん?  ・・・ん?  なんか黒い・・・。

えーーーー????

耕作放棄地 イノシシ

おっことぬし?

乙事主様!!!

こんな所で会えるなんて。

イノシシ おっことぬし

目ぇちっちゃ!!!

体はでっかいのに、目ぇちっちゃいですね。

こっちをかなり警戒していたので襲われることはないと思ったので

もっと近くで写真をとりたいと思い車を降りた瞬間、ダッシュで逃げられました。残念。

これでイノシシは冬眠もしなくて夜行性でもないことがわかりました。

これから畑にいるときは一応気にしながら作業をしたいと思います。

2016/02/16 更新