山のぶどう 福岡県うきは市の葡萄農家 > ブログ > やっちゃった。

やっちゃった。


やってしまいました。

とうとうやってしまいました。

柿の収穫中にやってしまいました。

それは、3mくらいの崖のきわっきわをハシゴをたてて収穫している時でした。

そのハシゴというのは3本足の6段のハシゴです。

そのハシゴを登りながら崖を覗き、怖いなぁ〜怖いなぁ〜と思いました。

なんだか、怖いなぁ〜怖いなぁ〜と思いながらハシゴを登りました。

ハシゴの1番上にようやく到着した瞬間っ

一瞬、ビュッと風が強く僕の顔に吹きつけたのです。

なんとその時っ!!!

さむっ!!てなりました。

さむっ!てなっただけなので頭上にある柿を収穫します。

柿をひと〜つ。柿をふた〜つ、と収穫しました。

その時も怖いなぁ〜怖いなぁ〜っと思いながら収穫していました。

そして、柿をみ〜っつ・・・

み〜っつ・・・  あれ?

あれ??あれれれれ?

なんとっ!先ほど目の前にあったはずの柿が消えていたのです!!!

日本昔話で、そこにあるはずの物がなくなると、その形の枠が点々になって点滅していました。

その現象が今、僕の目の前で柿が点々で点滅しています。

なので確かに柿はみっつありました。 なんだこれはっ!と思った瞬間!

「んぐっ・んっぐ・・ぐ・・・」と、急に息ができなくなり

次の瞬間、僕は空を見上げていました。

変な間があいた後、強烈な痛みが体を走りました。

ズドーーーンっと痛みが走っているのにまだ呼吸はできません。

「んぐっ・ぐ・・・っっっぷはぁっ!!」ようやく呼吸が再開したのです。

強烈な痛みに襲われながら現状を把握しようと必死に考えました。

そうするとようやく一つの答えがでました。

そう。

ハシゴから落ちたのだと。

なんだこれは。

情けない。

恥ずかしい。

歳のせいか?

いやいや違う。

太ったせいか?

そう。きっとそうだ。

情けない。

5分くらい起き上がれませんでした。
よくよく見ると落ちた場所には石が突き出ていて、そこに背中あたりを
ぶつけたみたいでした。

ようやく起き上がれたのですが病院へ直行し、背骨のレントゲンをとったり
腎臓に損傷がないか調べてもらいました。

その結果、奇跡的に骨折も腎臓損傷もなく打撲だけですみました。
日頃の行いが良いもんで助かりました。よかったよかった。

柿ちぎりでハシゴから転落して亡くなった方もよくいるそうで、
僕もあと数十cm石がづれていたら頭に当たってて・・・
と考えるとぞわっとしたので考えるのをやめました。

それでも3日は起き上がれないほどの痛みが続き
今朝ようやく起き上がることに成功しました。

とまぁ、ハシゴに登って落ちたしょうもない話を少し大げさに書いた話でした。
長文、乱文失礼しました。

2015/11/23 更新