山のぶどう 福岡県うきは市の葡萄農家 > ブログ > ブラックビートの誘引作業。

ブラックビートの誘引作業。


こんばんは、山のぶどうの原昌敏です。

露地の巨峰の誘引を終え、本日からブラックビートの誘引に入ります。

この誘引作業にも自分なりの順番があって、誘引の具合も品種によって違いがあります。

巨峰は比較的し易く、ブラックビートが最もしにくいです。

ブラックビートは誘引する時に枝の付け根の所に、ほんの少しでも力が伝わるとすぐにポキッと折れてしまいます。

折れるというか、感覚的には枝が根元から剥がれるという感じのほうが近いです。

ピオーネは枝の途中でポキッと折れやすく、青葡萄は全体的にしなりがあり最も作業がし易いです。

品種によって葡萄の味が違うので、こういう木の特性も違ってくるのは当たり前なんですが、

僕はそういう違いに魅力を感じてしまいます。

ブラックビートの誘引

しかし、いくらしにくいといってもずっとそういう訳ではありません。

必ずどこかのタイミングと時間帯でし易くなる時があります。

そこを狙って作業を一気に進めたいと思います。

おそらく5/11.12で開花すると思うので、それまでには誘引を終わらせたいと思います。

2016/05/06 更新