山のぶどう 福岡県うきは市の葡萄農家 > ブログ > 葡萄農家の頑張り時

葡萄農家の頑張り時


こんばんは、山のぶどうの原昌敏です。

本日、いよいよ葡萄の花が咲き始めました。

朝はまだ雨が降っていたので今日は咲かないだろうと思っていたんですが

朝の見回りで一つだけ咲き始めているのを見つけました。

山のぶどうの開花

白くてチョンっと出ているのが雄しべで、その先には花粉がついています。

開花は去年よりい1日遅れで例年より5日早く咲きました。

誘引もちょうど終わったし、花も咲いたので今日から花穂整形をしたいと思います。

ブラックビートの花 開花前

緑のつぶつぶの一つ一つに花が咲きます。なので葡萄1房で200~300個の花が咲くということになります。

花穂整形をしないでそのままにしておくと花は全部咲くのですが、咲くだけで実にならずに流れてしまいます。

この現象を「花ぶるい」といいます。この花ぶるいを防ぐために花穂整形をします。

葡萄の花穂整形

花穂整形とは、約250個の花を40~60個くらいまで減らす作業です。

この作業と同時に摘房もします。この時の摘房とは、1枝に1~3個花穂があるのでそれを1個にします。

しかもこの作業は満開までには終わらせたいので、葡萄農家にとって今が一番の頑張り時になります。

これから約2週間、がんばります。

2016/05/11 更新